一人暮らしの食費月3万円を達成するための具体的な方法

一人暮らしの一ヶ月感の平均食費はどれくらいでしょうか。一般的には4万円前後と言われていますが…もちろんこれは目安であり、外食が多い人ならば5万、6万円代まで到達してしまうことも少なくありません。

単身者世帯の一ヶ月あたりの食費はこちらで詳しく書いています。

計算機と現金
男性の方が多い結果に…一人暮らし一ヶ月あたりの食費平均はいくらなの?

この食費を3万円以下に抑えるためには具体的にどうすればよいのでしょうか。今回はそのための方法について紹介します。

時間が無くても外食を控える

まず節約の定番ともいえる「外食を控える」があります。

食費を3万円以下にする場合は1日の食費を千円ほどに抑える必要があり、無駄な出費は極力抑えるようにしなければいけません。一概に外食と言ってもワンコインで食べれる牛丼やラーメンもありますが、食費を月に3万以下にするのであればよほど忙しい時以外は極力外食を利用しない事ですね。

「どうしても忙しから簡単に食事をとりたい」のなら冷凍食品でもOKかと思います。1食200円前後で買えますし、作る手間も片付けの手間もほとんどかかりません。

一人暮らしであると助かる冷凍食品とその活用方法を紹介!
MEMO
今は冷凍食品もかなり美味しくなって種類も豊富です。1食200円程度でそこそこのクオリティーなんですよね。冷凍食品と聞くと炭水化物に偏ってしまうイメージですが、今はパスタやチャーハン以外にもサラダや野菜、煮物などレパートリーも充実しています

頻繁に買い物をしない、衝動買いをしない工夫を

食費を抑えるためには自炊をすることが大切ですが、そのときに「頻繁にスーパーへ行かない」ようにしてください。

スーパーには野菜や魚、肉などの食材の他にも様々なものが揃っています頻繁にスーパーに立ち寄ってしまうと今は必要の無い余計なものを衝動的に買ってしまい、気づいたら思わぬ出費が発生していたということは皆さん経験があるかと思います。100均なんかもこの典型ですよね。

それを防ぐためにも自宅でつくるメニューを1週間単位で考え、1回の買い物で必要な食材だけを購入するようにしてください。買い物の頻度としては一週間に1度がベストですが、どうしても追加で購入しなければならないものがある場合は、必要なものだけを手早く購入するようにしましょう。

「本当に今この商品が必用か?」手に取る前に一度自問自答してみましょう。

MEMO
無駄な買い物をしないという意味ではAmazon楽天などのネットショッピングも有効です。例えば水やコメなどの必ず必要なものはAmazonの定期便を利用すれば一定期間で届けてくれますし、実店舗と違って視覚的な誘惑が少ないのでついで買いをするケースが減ると思います。

お弁当はスーパーのものを利用する

食費を抑えるためには自炊がベストですが、毎日つくる必要があるので、多摩には手を抜きたいということもあります。そんなときはお弁当を購入するのが良いのですが、このときに「コンビニではなくスーパー」でお弁当を購入するようにしましょう。

コンビニは様々なものが揃っていますが、スーパーと比較すれば値段が高いものが多いので頻繁に利用すると意外とお金がかかってしまいます。食費を抑えるためにコンビニに入らないというのはかなり重要だと思いますね、コンビニには「ついで買い」を誘発する仕組みがたくさんあるんです。

そしてスーパーで忘れてはいけないのが「値引きがある」ということです。お店側としては残ったお弁当や惣菜は廃棄しなければならず、その廃棄にしてもお金がかかるものので、安くしてでも売れるようにしています。食費を節約したい場合は見逃さずに利用してみてください。

自炊しなくても食費を安くしたい!今からできる食費節約方法

財布に優しい食材を使う

スーパーには単価が安く、財布に優しい食材があるのでいつくか紹介したいと思います。

その1つが「鶏胸肉」です。

肉類の中でもトップクラスに単価が安く、節約思考の方にとってありがたい食材ですが、鶏の他の部位と比べても脂肪やカロリーが少ないのでダイエットをしている人にとっても心強い味方になります。

鶏胸肉はもも肉と比べると固くパサパサした食感を持っていることがありますが、肉の繊維に沿って切り、さらに繊維を断つように細かく切れ込みを入れると、食感が驚くほど良くなります。

オススメ食材の2つ目は「豆腐」です。

安くタンパク質が豊富なだけにとどまらず、大豆に含まれている各種ビタミンやカルシウム、大豆イソフラボンなど様々な栄養が豊富に含まれています。夏は冷奴、冬は湯豆腐など時期や好みに合わせて料理してみてください。

オススメ食材の3つ目が「もやし」です。

もやしは1袋30円と野菜の中でも特に安く、「野菜はほしいけれど、お金を節約したい」という人にはぴったりです。味自体はクセがなくどんなものにも合わせることができますが、比較的痛みやすいので購入したらすぐに使うようにしましょう。

 

食費を抑える事を考えると買う食材はある程度固定されてくる

「毎月3万円に抑える!」などの明確な目標がある場合は購入する食材がある程度固定されてきます。これは仕方のない事ですが、毎回同食材を利用していると栄養バランスも崩してしまいますし、食事も飽きてしまいます。

冷凍食品やその時の特売食材を適度に入れて飽きなくバランスの良い食事を心がけないと長続きしません。

今はwebで広告も見れますし、クーポンや割引券を利用する事で安く外食を楽しむことも出来ます。時に食生活に変化をつけて楽しみながら節約生活を続けていきましょう!

栄養バランスだけには注意すること

食費を抑える場合は「栄養バランスを崩さない」ということに注意してください。三食すべてコンビニのパンにすると食費は確かに抑えられますが、タンパク質やビタミンなどの栄養素が不足してしまいます。

貧血で倒れたり病気になりやすくなるなどの様々なリスクを抱えてしまうことになりますね、食費を浮かすために不健康になってしまっては本末転倒です。

冷凍でも野菜や肉は比較的安く買えますし、先ほども書きましたが特売の商品などを買ってなるべくバランスよく食事をする事が大切です!

食費を抑えることも大事ですが、偏りすぎず栄養バランスをしっかりと整えるように意識して食事を採りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です