一人暮らしの引っ越しを安く済ませる4つの方法

一人暮らしの引っ越しを行うに当たり、「どのくらいの費用がかかるのか?」「高額な料金が発生するのでは?」と疑問を抱えている方はいませんか?

そんな方のために、このページでは引っ越しを安く済ませる4つの方法をご紹介しています。

引っ越しを安く済ませる4つの方法はこれだ!

引っ越した後の新生活では何かと出費が増えますので、引っ越し費用は何としてでも抑えたいですよね。

近場であればまだしも、地方から都心部と距離が離れている場合は高額な費用を負担しなければなりません

そこで、引っ越しを少しでも安く済ませる4つの方法をまとめていますので、金銭的な負担を減らしたい方は参考にしてみてください。なお引っ越し前の準備などはこちらの記事をどうぞ!

実家から一人暮らしするに当たって必要な手続きと準備

安い時期やタイミングを選んで引っ越す

引っ越しで発生する料金は、1年間を通して同じではないのが特徴です。移動距離や依頼する業者で異なるものの、時期やタイミング別の費用の目安を見ていきましょう。

  • 3月~4月、9月~10月:卒業や就職など新生活が始まる時期で最も料金が高い
  • 6月~8月、11月~12月:人の動きが少ない理由で引っ越し料金が安くなりやすい
  • その他の月:人によっては入学や転職で移動する時期で、繁忙期よりは少し安い

 

引っ越しを少しでも安く済ませたいのであれば、時期やタイミングを見極めるのが重要ですよ。

1月と3月で比較してみて、引っ越し業者によって1.5倍近くも料金に差が出るケースは少なくありません。

一人暮らしで「○月までに引っ越さなければならない」と決まっていない人は、安い時期を狙ってスケジュールを立ててみてください。引っ越しの時期やタイミングについてはこちらの記事で詳しくまとめております。

一人暮らしの引っ越しでベストなタイミングいつなの?
MEMO
安く済ませるなら人の動きの少ない6月~8月がねらい目かもしれません。閑散期で引っ越し業者も価格交渉に前向きです。ただし、の動きが少ないので気に入った物件が見つかりにくいかもしれませんね。とにかく引っ越し費用は他の月と比べて比較的安く済みそうです。

料金の安い中小企業の引っ越し業者を選ぶ

これは当たり前のことですが、引っ越しの費用を安く済ませるには料金の安い業者を選ぶべきです。

基本的にはサカイ引越センターやアート引越センターなど大手の引っ越し業者よりも地域密着型の会社の方が安く、その理由を幾つか挙げてみました。

  • 大手の業者のように派手で高い広告費をかけていない
  • 知名度で劣る代わりに価格の安さで対抗している
  • 余計なサービスを省いてお客様の費用の負担を減らしている
  • 柔軟な対応をしてくれる(価格交渉がしやすい)

 

アフターサービスや保証の面では大手の引っ越し業者に劣ったとしても、料金の安さが大きなメリットですので地域密着型の業者への依頼も適しています。

引っ越し業者の選び方で失敗したくない人は、大手が良いのか地域密着型が良いのかで比較しましょう。

引っ越し業者の一括見積もりサービスを利用する

現在では複数の引っ越し業者の見積もりを依頼できるサイトやサービスが数多く登場しました。インターネットで申し込みを行うだけで、複数の引っ越し業者へと見積もりの依頼ができますので便利ですね。

一括見積もりサービスの利用は引っ越し費用の削減に繋がりやすく、価格を安く済ませるには今や必須のサービスと言えます。

  • 複数の引っ越し業者へと見積もりを出す相見積もりが簡単にできる
  • 引っ越しの依頼全体で、どのくらいの費用が発生するのか相場を見極められる
  • 「A社は○○円」「B社は○○円」と実際に見積もり金額が出る
  • 自分は何もしなくても勝手に業者同士で競ってくれる
  • 最も安い価格を掲示してくれた引っ越し業者を選べば良い

 

複数の業者へと見積もりを取っていれば大まかな相場を把握できますので、ボッタクリに遭う心配はありません。

更に、人とのコミュニケーションが苦手な人でも交渉することなく、業者同士で価格で争ってくれるからこそ結果的に安い費用で依頼できます。

安く引っ越しをするなら一社で見積もりを取るのは本当に辞めた方が良いかと思います。

自分で一つ一つの業者を調べて電話やメールをして相見積もりを取るのは面倒な作業ですので、「引っ越し侍」などの有名な一括見積もりサービスを利用してみてください。

最大の価格と最安値では数万単位で値段が変わる事も珍しくはありません。

MEMO
私の場合は複数社の見積もりサービスを利用した際は一番高い業者が13万円一番安い業者が6万8千円でした。これだけ違うのですからやはり複数見積もりは必須だと個人的には思いますね

荷物が少ない人は単身パックを利用する

荷物の少ない一人暮らしの方は、引っ越し費用を安く済ませるために単身パックを利用すべきです。

単身パックとは一人で引っ越しをする方に向けたサービスで、大手を中心に取り入れる業者の数は増えました。まさに一人暮らしの引っ越しにぴったりのプランですね。

コンテナボックスに積み切りで荷物を輸送するのが特徴で、オーソドックスな引っ越し方法と比べて次のメリットがあります。

  • 格安の料金で引っ越しが可能で追加費用が発生するリスクもない
  • 面倒な引っ越し業者の訪問見積もりをせずに済む
  • 荷物の破損や損失などのリスクが少ない

 

「新居の近くの量販店で冷蔵庫や洗濯機などの家電を購入するつもり」という方は、引っ越し業者の単身パックを上手く活用してみましょう。大型の荷物や家具は引っ越し先で調達するのも引っ越し料金を下げるコツですね。

値下げ交渉は自分の希望価格を決めておく事

複数見積もりを申し込んだ場合は、色々な業者から連絡がきます。複数社の見積りを聞くうちに大体自分の引っ越し費用の相場がわかってきます。

「これ位の引っ越し荷物と移動距離だとだいたいこんなもんかな」とわかってきたら自分の中で希望価格を設定しておきましょう。

例えばどこの会社も5万前後の見積もりを出してきた場合、自分の中で仮に45000円を希望価格と決めていれば「45000円でOKなら即決でお願いしますよ」と価格交渉も出来ますね。業者も早く契約に持っていきたいわけですし。

まずは自分の中で軸になる価格を決める事です。あとはその価格に近付けていく作業になります。

そのためには多くの業者に見積もりを取ってもらう事です。間違っても一社目の見積もり業者で即決OKはしないように。

複数の業者の話を聞かないと相場はわかりませんし、どうしても契約を採りたい業者は思い切った値段でも意外とOKしてくれる場合もあります。ざっくりとですが一人暮らしの引っ越しに掛かる費用の相場をこちらの記事でまとめています。

一人暮らしの引っ越し費用はいくら?初期費用や総額の相場など

まとめ

以上のように、引っ越し料金の相場が安い時期を選んだり相見積もりを取ったりと、費用を安く済ませる方法はたくさんあります。

家族での引っ越しと比べて単身の引っ越しは比較的料金が安いものの、これらのコツを把握しておくだけで数万円程度の違いが出るケースは少なくありません。

ただでさえ新生活が始まると出費が増えやすくなりますので、少しでも費用を抑える努力をしてみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です