家賃の上限を決めよう!一人暮らし適正家賃の目安はどのくらい?

一人暮らしの引っ越しをするに当たり、物件の家賃がどのくらいなのかで比較しなければなりません。

ここでは家賃の上限の目安や適正家賃についてまとめていますので、自分の収入と照らし合わせて決めてみてください。

引っ越しの前に家賃の上限を決めよう

マンションやアパートなど賃貸住宅へと引っ越す前に、家賃の上限をあらかじめ決めるのは大事ですよ。「とにかくいい場所に住みたい」「快適な一人暮らしをしたい」と考える気持ちは分かります。

しかし、適正家賃を考えずに物件を決めると次のデメリットがありますので注意しなければなりません。

  • 家賃に加えて携帯代や光熱費などの出費も支払う必要があるので生活が苦しくなる
  • 家賃の支払いが厳しくなって別の物件へと移ることになると引っ越し費用が無駄になる
  • 贅沢を一切しない生活を送るはめとなり精神的なストレスが溜まりやすくなる
  • 生活費のため消費者金融やクレジットカードのキャッシングに手を出してしまう

 

一人暮らしは引っ越して物件に住む事がゴールではなく、そこで安定して生活を続けていかなければなりません。

自分の気に入った物件に住みたいがあまりに、そのほかの生活費を圧迫して家賃を支払うと後々痛い目に合うかもしれませんね。

生活に支障の出ない金額の家賃の上限を自分で決めて、どこに引っ越せば良いのか物件を探してみてはいかがでしょうか。

適正家賃の目安は収入の3分の1以下!

家賃の上限を決めるに当たり、適正家賃は大よそ収入の3分の1以下という目安があります

個人の生活スタイルによって異なるものの、毎月得られる収入の3分の1以下に設定しておけば無理のない生活を送ることが出来ますね。

収入は額面ではなく、次のように手取りで決めるのがポイントとなります。

手取りの月額が18万円の人は家賃が6万円まで
手取りの月額が27万円の人は家賃が9万円まで

 

ただし、手取りの3分の1が上限というのはあくまでも目安に過ぎません。

家賃の高い首都圏にお住まいの方は、手取りが多くないと30%まででは納得できる物件が見つからなかったり、年収が低めの人は、家賃を30%に設定するとギリギリの生活を送るはめとなる場合がります。

地域差や収入の状況の事情が異なると設定する金額が変わるのが特徴です。

手取りでもらえる金額の30%という数値を参考にして、あなたの事情に合わせて家賃の上限を決めてみましょう。

大幅な昇給が見込めない現在は年収の25%以内に抑えよう

20年前~30年前の好景気の時代では、先ほど書いた通り「適正家賃の目安は月収の3分の1が良い」と考えられてきました…が、大幅な昇給が見込めない今は昔と少し事情が違います。

現在では手取りの3割に抑えても生活が圧迫しやすいので、年収の25%以内に抑えるのは選択肢の一つですよ。

「毎月の家賃に月収の3分の1を費やすのはちょっと高すぎる」と考える方が多いようです。特に若い20代の社会人世代は4分の1程度が妥当なのではないでしょうか。

以下では、年収別で平均の家賃額がどのくらいなのか相場をまとめてみました。

  • 年収200万:4.2万円
  • 年収300万:6.3万円
  • 年収400万:8.3万円
  • 年収500万:10.4万円
  • 年収600万:12.5万円
  • 年収700万:14.6万円

年収が上がるほど家賃の平均金額も高く、どの世代でも大体25%以内におさまっています。

借りたい部屋が必ずしも借りれるとは限らない

  • 築年数が浅くて綺麗
  • 駅から近くてアクセスしやすい
  • マンションの設備が充実している

と物件の選び方で重視するポイントは人によって異なりますが、収入と照らし合わせてあまりにも家賃が高いと将来的に生活が苦しくなるだけではなく、審査に通らない可能性もあると心得ておくべきです。

数年後も支払えるのかどうかで家賃の上限を決めよう

月収の3分の1や年収の25%以内など、適正家賃の目安の考え方は幾つもあります。

その中で、「数年後も支払い続けることができるのか?」といった視点で家賃の上限を決めなければなりませんね。

好景気の一昔前とは違い、今は大手の企業へと勤めていても収入が右肩上がりで増え続けると予測できない時代です。

つまり、「2年後や3年後はもっと収入が増えているから大丈夫」という楽観的な考えではなく、何かあった時のために数年後も無理なく支払えるのかどうかで引っ越す物件を決めるのが適しています。

  • 家賃を支払ったら生活費はギリギリで友人と遊ぶお金がなくなる
  • ファッションや趣味は我慢して暮らさなければならない
  • 家賃の負担が大きすぎて借金をしなければならない

 

こんな状態は快適な生活とは言えないので、光熱費や携帯代など他の出費も加味してシミュレーションし、設定した家賃の上限に抑えられる物件を探して一人暮らしの引っ越しをしてみてください。

一人暮らしの食費月3万円を達成するための具体的な方法
MEMO
家賃が高く比較的新しい物件に住んでも満足度が高いのは最初のウチだけかもしれません。身の丈に合わない家賃を支払っていると生活がきつくなり高い物件を契約した事を後悔する可能性も…。冷静に収入と相談して家賃を決めましょう。

まとめ

以上のように、無理なく快適な生活を送るための家賃の上限や、適正家賃の目安について詳しくまとめてみました。

もちろん、引っ越し月は家賃だけではなく、敷金や礼金、不動産業者へと支払う仲介手数料や引っ越し業者へと支払う費用など出費が増えやすいので気を付けなければなりません。

一人暮らしの引っ越し費用はいくら?初期費用や総額の相場など

計画を立てずに引っ越しの準備を行っていると「毎月の家賃を支払えなくなって滞納してしまう」といった事態に陥りやすくなります。

想像している以上に引っ越し費用が高くなるケースはありますので、無理をせずにしっかりとお金を貯めてから引っ越しの予定を立ててみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です