貯金も可能?手取り15万円で一人暮らしをする費用の内訳と詳細

新卒で新社会人となった1年目はまだまだ給料が安く、「色々と差し引かれて手取りは20万もいかない…」といった方は少なくありません。

以下では、手取り15万円で一人暮らしをするに当たり、費用の内訳がどのようになるのか目安を挙げてみました。

「給料が少ないけど一人暮らしをしてみたい」と考える人の参考になれば幸いです。

手取り15万円で一人暮らしをする費用の内訳の例

今は実家暮らしの社会人で、「手取り15万円で一人暮らしは難しいのでは?」と考えている方は多いのではないでしょうか。

確かに、私たちが生きていくためには様々な費用がかかるため、手取りが15万円の新社会人は何かと制限されることが多いですね。

そこで、手取り15万円で一人暮らしをする費用の内訳の例を紹介していますので、どんな生活を送ることができるのか参考にしてみてください。

20代男性(会社員)のモデルケース

  • 家賃:40,000円
  • 毎月の食費:40,000円
  • 水道光熱費:12,000円
  • 通信費(スマホ+インターネット):10,000円
  • 交際費・娯楽費:20,000円
  • 日用品:10,000円
  • 服飾費:5,000円

 

一般的に一人暮らしの食費の平均は4万円程と言われています。

計算機と現金
男性の方が多い結果に…一人暮らし一ヶ月あたりの食費平均はいくらなの?

家賃を抑えて食費を平均的に抑えると大体上記のような感じになるのではないでしょうか?正直贅沢はできませんが、生活していく事は可能だと思います。

ただし家賃を4万に設定すると街の中心部に住む事は難しいかもしれません。また、住む地域によっては部屋のグレードには幅があると思いますが。

この他、車を所持していれば駐車場代と任意保険、車の税金などがありますので生活はより圧迫される事が予想されます。そうした出費は賞与を利用する事になりそうですね。

また貯蓄もわずかですが可能です。ただし、まとまった貯蓄はやはり賞与からがメインになりそうです。

20代女性(会社員)のモデルケース

  • 家賃:52,000円
  • 毎月の食費:30,000円
  • 水道光熱費:10,000円
  • 通信費(スマホ+インターネット):10,000円
  • 交際費・娯楽費:20,000円
  • 日用品:5,000円
  • 服飾費:10,000円
一方で②の女性は家賃が家計を圧迫していますが、その代わりに自炊をして食費を節約していることが分かります。自炊をする事で食費は3万前後に抑える事は可能です。

一人暮らしの食費月3万円を達成するための具体的な方法

また、家賃は多くても収入の30%程度が目安です。逆にこのモデルケースの場合はこれ以上高い家賃の部屋を借りるのは生活をかなり圧迫しますので現実的ではないですね。

収入と家賃についてはこちらで詳しく書いています。

家賃の上限を決めよう!一人暮らし適正家賃の目安はどのくらい?

限られた給料をどのように振り分けるのか

個人の生活スタイルによって、次のように一人暮らしで重要視したいポイントは変わるのではないでしょうか。

  • 家賃が高くても会社から近い場所に住みたい
  • 家は寝るだけだから安くても良いけど、毎日の食事は充実させたい
  • 仕事でストレスが溜まるから交際費や娯楽費にはお金をかけたい

何か起こった時のために貯金をするのは大事ですので、手取り15万円をどう使うのか振り分けをしてみてください。

自分のライフスタイルの優先順位をハッキリさせておきましょう!

手取り15万円の一人暮らしでおすすめの家計のやりくり方法

手取り15万円と一般的に見て金額が少ない人でも、お金の使い方に関するルールをきちんと設定していれば家計のやりくりはできます。

親元を離れて一人暮らしで長期的に暮らしていくのであれば、お金の使い方の練習をしっかりと行わなければなりません。

「給料を貰い始めたばかりだから、どのように家計をやりくりすれば良いのか分からない」と考えている方のために、以下ではおすすめの方法を幾つか挙げてみました。

  • 家賃の目安は手取りの25%以内で、毎月貰っている金額が15万円の人は3万円~4万円が理想的
  • 住まいの地域によっては家賃を3万円~4万円に抑えるのは難しく、会社の寮を使ったりシェアハウスを利用したりする
  • 「エアコンのフィルターを小まめに掃除する」「シャワーを出す時間を短くする」など光熱費を節約する
  • インターネットの通信費を見直すために、格安スマホと契約したりLINEなど無料の通話アプリを使ったりする
  • お小遣いは自分の趣味や大切なことに厳選して、ストレスの溜まらない金額を設定する

家賃や光熱費、食費は毎月の出費を節約できる大きなポイントです。

手取り15万円と少ないのにも関わらず、身の丈に合わない高額な物件で一人暮らしをしたり外食ばかりで食費を増やし過ぎたりしていると、だんだんと家計が厳しくなっていきますね。

あまりにも我慢しすぎているとストレスが溜まりますので注意が必要ですが、まずは一人暮らしで発生する費用を算出して15万円以内におさまるのか計算しましょう。

手取りが15万円でも貯金は可能!

手取りが15万円の社会人でも、一人暮らしで毎月1万円~2万円程度の貯金は十分に可能です。

「カツカツの生活だから貯金なんて後回し」と考えていた方でも、今のライフスタイルを見直して何とかなるケースはたくさんあります。

また賞与(ボーナス)をもらっている人は毎月の貯金額をセーブしてボーナスからの貯蓄にもシフトできます。年単位で自分目標となる金額を貯金できるように

逆にある程度の賞与が無いとまとまった金額の貯金は厳しいかもしれませんね。

これ以上食費を削ったりするのは栄養バランスを崩したり、一人暮らしの満足度が下がりますのでオススメしません。

効率的に、楽に節約するのは通信費などの固定費の節約がカギになりそうです。

まとめ

一人暮らしの費用の内訳を確認し、手取りが15万の方でもやりくり次第では貯金しながら一人暮らしは可能です、

もちろん、初めての一人暮らしだと上手くいかないことはありますので、まずは1ヵ月間に渡って自分の設定したルールでお金をやりくりしてみるべきです。

その後に、「光熱費はもう少し節約できそうだな」「娯楽費は少し増やしても大丈夫かも」と調整し、快適な一人暮らしを送る努力をしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です