手取り20万円での一人暮らしの費用と貯金をシュミレーション

現在一人暮らしを考えているけど手取り20万でどの程度の生活が出来るのか…。いまいち一人暮らしに踏ん切りが付かない人も多いでしょう。

このページでは手取り20万円で一人暮らしをする費用の内訳や幾つかのモデルケースを紹介していますので、自分の状況と照らし合わせて参考にしてみてください。

結論から言いますと手取り20万あれば一人暮らしで貯金も出来ますし、大幅な節約もしなくて大丈夫だと思いますよ!

手取り20万円で一人暮らしをする費用の内訳の例

「手取りで20万円程度だと、一人暮らしと貯金の両立は難しいのでは?」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、手取りが15万円でも家計はやりくり出来ます。20万円の人であればある程度はゆとりを持っての生活を送りながらも貯金は可能ですよ。

貯金も可能?手取り15万円で一人暮らしをする費用の内訳と詳細

以下では一人暮らしで発生する費用の内訳の例をモデルケースごとに紹介していますので、毎月の出費がどのくらいになるのか見ていきましょう。

20代男性(会社員)のモデルケース

  • 家賃:65,000円
  • 毎月の食費:40,000円
  • 水道光熱費:12,000円
  • 通信費(スマホ+インターネット):10,000円
  • 交際費・娯楽費:20,000円
  • 日用品:10,000円
  • 服飾費:10,000円
合計:16,7000円

家賃は給料のおおよそ30%を目安にとよく言われますが、一昔前と比べて大幅な昇給が望めない今は25%程度に抑えるのが良いかと思います。不意の出費や貯蓄に回したい所ですね。

適正家賃に関しては以下の記事をどうぞ

家賃の上限を決めよう!一人暮らし適正家賃の目安はどのくらい?

一人暮らしの食費は一般的には平均して4万程度と言われています。外食が多くなる男性は女性よりも食費が多くなる傾向のようですが、上手く自炊を交えれば月4万の食費は十分可能です。

計算機と現金
男性の方が多い結果に…一人暮らし一ヶ月あたりの食費平均はいくらなの?

もちろん毎日の生活は計画通り上手く進む事は稀ですが、手取り20万で上記のモデルケースなら余ったお金を貯金にまわしてもある程度の生活水準は保てると思います。

20代女性(会社員)のモデルケース

  • 家賃:60,000円
  • 毎月の食費:30,000円
  • 水道光熱費:10,000円
  • 通信費(スマホ+インターネット):10,000円
  • 交際費・娯楽費:30,000円
  • 日用品:10,000円
  • 服飾費:20,000円

合計:17,0000円

上記のモデルケースでは、1ヵ月当たり2万円~3万円のペースで貯金ができる計算となります。

女性のモデルケースは家賃や食費を抑えた分を自分の趣味へと費やしている感じですね。

家賃は手取りの3分の1程度がベストだと考えられていますが、急な出費が出た際に赤字となりやすいので気を付けなければなりません。

食費を3万に抑えるには正直自炊は欠かせないですし、手間は掛かりますが現実的に食費3万は可能です。

一人暮らしの食費月3万円を達成するための具体的な方法

手取り20万円の人の一人暮らしで貯金をする具体的な方法

家賃を6万円以下に抑えていても、他の出費があまりにも多すぎると中々貯金はできません。

それに、都内で家賃が6万円前後の部屋を探すとなると妥協が必要で、

「築年数が浅いところが良い」

「綺麗なオートロックのマンションが良い」

「1DKくらいの広さは欲しい」

といった要望を叶えるには家賃の負担はもっと大きくなりますよ。

そこで、手取り20万円の人が一人暮らしを行い、家賃以外で節約をして貯金をする具体的な方法をまとめてみました。

今のスマホの料金プランを見直したりインターネットのプロバイダの乗り換えキャンペーンを利用したりして、大きな支出となりやすい通信費を抑える
消費電力を減らす目的で新しい家電へと買い替えたりエアコンを小まめに掃除したりして、電気料金を節約する
お風呂の追い炊き回数を減らしたりガスの契約を見直したりして、毎月発生するガス代を抑える
「コンビニでご飯を食べる」「外食の回数が多い」といった方は、なるべく価格の安いスーパーを利用して自炊する
普段から使っている食材を少し変えて、節約レシピのレパートリーを増やして食費を抑える(料理の腕が上がるメリットもある)

手取り20万円の一人暮らしでも節約を意識すれば、毎月3万円ずつ貯金をするのは不可能ではありません。

1年間に渡って継続できれば36万円が貯まる計算ですし、3年間で100万円に到達しますね。

一人暮らしの節約で一番効果が高いのは通信費の節約

このシュミレーションでは通信費を1万と設定していますが、実際に通信費(スマホ+光回線)はこの半額程度まで下げる事が出来ます

費や光熱費を抑えるよりもずっと簡単で一番効果があるのは通信費になんですね。こちらの記事では通信費を半額にする具体的な方法を書いています。

気になる方はコチラ記事も是非ご覧ください。

貯金が不安な人は自動積立を利用する!

「自分は浪費家だからお金があると使ってしまう・・・」と悩んでいる方は、金融機関の自動積立定期預金を利用してみてはいかがでしょうか。

商品性はどの金融機関も基本的に一緒で、自動積立定期預金には次の特徴があります。

  • 決まった日に決められた金額を自動的に貯めることができる
  • 給与振込日の翌日に引き落とし日を設定すれば無理なく貯金できる
  • ボーナス時など増額月を自由に設定して貯金額を増やせる

ネット銀行、都市銀行、地方銀行、全国のどこに住んでいても大丈夫ですので、是非一度試してみてください。現在の給料振込み口座の銀行で行うのが良いかと思います。

MEMO
計画通りに貯金は難しいかもしれませんが、定期預金を組めば半ば強制的に貯金ができますので自分で意志が弱いなとか浪費癖を自覚している人はオススメです。最初に貯金分を引かれてしまえばあとは残ったお金でやりくりするしかありませんね

まとめ

以上のように、手取り20万円の人の一人暮らしで発生する費用の内訳、節約して貯金をする方法をまとめてみました。

20万の手取りであれば贅沢は無理ですが、ある程度は余裕を持って生活出来ると思いますよ。貯金も可能です。

「自分には貯金なんて無理だ」と考えている人でも、家賃や食費など出費を抑えられるポイントはたくさんあります。

ただしギャンブルや頻繁にお酒を飲みに行ったりすればもちろん生活を圧迫しますし、20万じゃ全然足りなくなりますよね。これから一人暮らしをする人の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です