20代一人暮らしに生命保険は必要か?節約と貯蓄の観点から考察してみる

「社会人になったんだから生命保険に入っておかないと…」こんな考えの方もいるのではないでしょうか。もしもの備えで入っておかなければならないと考える人も多いでしょう。

ですが生命保険の種類は多種多様で正直わかりにくいと思います。「取り敢えず入っておこうかな…」という考えで生命保険に入ると損をすることも…。

この記事では本当に20代独身の社会人が生命保険に加入する必用があるのか、入るべき保険は何なのか、節約、貯蓄の観点から書いてみたいと思います。

まずは生命保険の種類から知っておこう

まず生命保険の種類から簡単に説明します。大きく分けて生命保険は3種類に分けられます。

  • 定期保険
  • 終身保険
  • 養老保険

この上記3種類になります。それぞれに特徴がありますので大まかにでも知っておいた方が良いかと思います。

定期保険の特徴

定期保険はいわゆる掛け捨て型と呼ばれる保険になります。特徴としては以下の通り

  • 解約返戻金はほぼ無し
  • 保険金額と保険料は変わらない
  • 満期で金額の戻りも無し

後述する保険とは違い、定期型保険は毎月の積立に充当される部分がありませんので、途中解約しても戻り(解約返戻金)はありません。

通常は途中解約の場合はそれまで積み立てに充てられていた金額は返金されますが、掛け捨て型はその名の通り掛けるだけの保険になります。

保険の契約期間が過ぎれば保険は適用されなくなりますね。保険の更新は年齢や年数によって更新を行います。

積み立てに回されない分支払う保険料は比較的安いですが、貯蓄や節約を考えた場合、死亡、病気リスクの少ない20代の独身社会人が入る保険ではないように思います

後述する保険とは違い、掛け続けた先に特に何もストックされるモノが無いのであまり加入はおススメできませんね

終身保険の特徴

終身保険は定期保険と違い一定の貯蓄性を持った保険になります。死亡保障や医療特約を付帯する事で万が一の時に手厚い保障が受けれます。以下終身保険の特徴です。

  • 保障は一生続く
  • 払い込みが終わっても保険は有効
  • 支払いの一部が積み立てされる
  • 解約返戻金が出る

解約しない限り終身保険は一生保障が続きます。契約満期を迎え払い込みが終わった後も保障は継続されますね。

また、支払いの一部が積み立てされており万が一途中で解約した場合もそれまでの積み立て分が解約返戻金として戻ります。

おそらく保険会社が一番力を入れている商品だと思います。この終身保険に医療特約といって入院保障(日額5000円など)や3大疾病に掛かったら一時金など様々なオプションがあり、それこそ各社多様な商品を揃えていますね。

ですがこの終身保険は比較的保険料が高いです。若いうちから掛けておけば金額は安いと言われますが、保険料を払う為に生活を圧迫するのも社会人にとっては過酷でしょう。

 養老保険の特徴

最後に養老保険と呼ばれる貯蓄に特化した保険商品です。

  • 保険料はずっと一緒
  • 保険期間が終わると死亡保険と同等の金額が受け取れる
  • 途中解約した場合も解約返戻金がある

この養老保険は貯蓄を主にした商品です。それにプラスして死亡保険が付帯します。なお、保険料金の払い込み期間に死亡した場合も保険料を払い終わった後も死亡保険金と同額を受け取れるのが特徴です。

また定期保険と違い解約した場合も契約返戻金が戻ります。

ただし、積み立てた保険料は保険会社が運用するのですが、金利が低くまた月々の保険料も高額な為、生活を圧迫する可能性があり貯蓄をメインに考えるなら他の手段でも良いのかなと思いますね。

保険料はこの3種類の中でも一番高いのも特徴ですね。

死亡保障は残された家族の為の保障

そもそも一人暮らしの独身サラリーマンに生命保険の加入が必用かと言うと必ずしもそうとは言えません。それにには以下の理由が挙げられます。

  • 死亡保障は残された家族の為の保障
  • 貯蓄を考えるなら他の手段もある
  • 20代の内は病気による死亡リスクは低い

まず死亡した際の保障は残された家族の為の保障です。一人暮らしの独身サラリーマンがそこにお金を使うのは合理的とは言えません。

20代は比較的病気や死亡のリスクは少ないと言えますし、万が一の高額な医療費の請求が来た場合も高額医療費制度を利用すれば(年収により上限は変わりますが)払い過ぎた医療費は戻ってきます

これは健康保険(国保や社保)に加入している人ならだれでも請求できます。

>>高額な医療費を支払ったとき:全国保険協会

万が一に備えるなら医療保険

後述しますが貯蓄を考えるなら他にも手段はありますし、保険で貯蓄をする事は必ずしも正解ではないかもしれません。

ですが万が一の時に備えておきたい人もいるでしょうし、高額の生命保険には入らなくても病気や入院をサポートしてくれる保険はあります。

医療保障に特化した保険であれば月々の掛け金も安くて入院や手術に対応してくれます。入院保障を日額5000円/60日までなど保障内容を最低限にする事で月額費用も大幅に抑えられるんです。

大体入院日額5000円/60日/手術20万円、これ位のプランで20代男性でおよそ月額1700円程度です。これらな仮に掛け捨てであっても大きな負担になりませんし、万が一に備える事が出来ますね。

それでもある程度手厚い保険も観てみたいなら比較サイトや一括見積のサイトを利用すると良いかもしれません。また、窓口相談では自分にあった保険を提案してくれるので活用してみるのも手ですね。

貯蓄を考えた場合は保険の加入は最適では無い

終身保険や養老保険など貯蓄の性質を持つ保険はありますが、貯蓄に重きを置いて考えた場合は正直あまりお勧めはできません。

20代前半の会社員の場合、給料で毎月数万も保険に支払うのは現実的ではないですし、保険の支払いで生活を圧迫しては本末転倒です。

自分に無理の無い金額を貯蓄に回す方が生活を圧迫しません。

老後まで資金を運用するならiDeco

聞いたことのある方も多いかもしれませんがiDecoは長期で資産形成を考えるならおすすめです。自分で積み立てる年金と言った方がわかりやすいかもしれませんね。

何と言っても掛け金すべてが税金の控除対象になります。掛け金は月額5000円~、企業年金のない会社員は上限2.3万まで掛けることが可能です。

iDeCoのメリットは以下の通り

  • 掛け金が全額「所得控除」の対象に。住民税や所得税が減額
  • 5000円~自分の任意の金額が設定可能
  • iDeCoで運用した利益は非課税

まずiDeCoのメリットは節税効果が非常に高い事、仮にiDeCo自体の運用で利益が出なくても節税効果だけでもメリットはあります。

また、掛け金は5000円~の千円単位で変更が可能で、支払い方法は給料引き落としか口座振替えが選択可能です。

またiDeCoでの運用益は非課税になります。投資で運用益が出た場合、固定資産税や住民税へ反映されますが、iDeCoでの運用益は税金にカウントされません。

ただしデメリットとしては60歳までは完全に凍結された資産になってしまうという事。

iDeCoで積み立てておいたお金は基本的引き出し不可ですので、iDeCoの積立の他に現金などある程度自由に使える貯金は別途用意しておく必要があります。

自分の会社の財形貯蓄を利用する

会社によっては財形貯蓄制度を行っている会社もあるでしょう。福利厚生の一環で給料から一定額を天引きして会社が積み立ててくれる制度です。

銀行の定期預金とは違い振り込まれる給料からあらかじめ天引きされるので無駄に使ってしまう事もありませんね。

ただし引き出しは会社によって規定があるようですが、銀行などと違って気軽に引き出しはできませんので注意が必要です。なお、解約も可能です。

銀行の自動積立を利用する

地方銀行や都市銀行、今ではネット銀行も定期預金(積立預金)を取り扱っていますね。給料の振り込み口座を利用している銀行でOKです。

自分に無理のない金額で地道に貯めていくことができます。万が一の急な出費も対応できますし、生活を圧迫する事もないでしょう。

自動車任意保険と自転車保険は必ず加入しておこう

生命保険とは違いますが、車や自転車、バイクに乗る方は任意保険は必ず入っておいた方がいいですよ。

通勤で公共交通機関を利用しない人は加入しておきましょう。これは必須だと思います。

自動車任意保険

自動車保険は自賠責保険(強制加入)と任意保険(自分で掛ける保険)の2種類がありますが、自賠責保険は事故を起こし万が一相手が死亡、ケガをしたしまった場合に支払われる保険です。

この自賠責保険は「相手の体」に対しての保障になりますが、物損は保障されません。つまり相手の車や、モノ、近所の塀に突っ込んでしまったりガードレールを破損させてしまった場合は保障されないんです。

こういった事はすべて任意保険で対応する事になります。

相手方の車へ追突してしまった場合も、高額の修理費の請求がくる場合もあります。車だけではなく誤って店舗や家などに突っ込んでしまって場合もかなりの金額を請求される事になりますね。

ご自身の車の車両に対しても事故や自損の場合にお金がおりるようなプランにも出来ますので、車を買ってローンが残ってる人も安心です。

万が一事故を起こして廃車になった場合、車両保険を掛けていないと自動車ローンだけが残ってしまいます。

自転車損害保険

車は運転しなくても自転車は運転すると言う人は自転車保険は必須です。

自転車も「車両」とみなされるわけですから、万が一歩行者と接触、相手方に重大な怪我をおわせてしまった場合は医療費や慰謝料などを払う可能性も出てきます。

過去には一億近い賠償請求が出た事例もあります。

当時小学校5年生だった少年(15)が乗った自転車と歩行者との衝突事故をめぐる損害賠償訴訟で、神戸地裁は、少年の母親(40)に約9500万円という高額賠償を命じた。:産経Westより母親驚愕「息子の自転車事故の賠償金9500万円」の“明細”は…/

自転車保険は比較的安価なものが多く、月額300円程度のサービスからあります。有名な所だとイオンやauなんかも自転車保険を取り扱ってますね。セブンイレブンでも入れる保険もあるようです。

通勤で自転車を使う人は必ずチェックしておきましょう。自転車のロードサービスを付帯している保険も有るようです。

まとめ

少し長くなりましたが生命保険に関しては、節約や貯蓄を優先させた場合が必ずしも加入しなければならないと言った事はないと思います。

万が一に備えるなら医療保険に加入しておけば入院や怪我、手術の急な出費に対応出来ますし、月々の掛け金も高くは無いです。

貯蓄を考えるなら、保険よりも節税効果の高いiDecoや、給料から直接天引きされる財形貯蓄の方がオススメです。

ベターなのはiDecoと定期預金の組み合わせでしょうか。

また、車や自転車を運転するなら任意保険や自転車保険は必須、この辺は必ず加入しておきましょう。特に自転車は車のように自賠責保険が無いので、万が一の時は全て自己負担になります。

すこし話しが逸れましたが、何でも取り敢えず保険にはいる前に本当に自分に合った保険を探した方が良いと思います。それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です