一人暮らしで自由電力を使うメリットとデメリットをあげてみる

ビジネスマン メリット

2016年の4月から電力の自由化が始まり、私たちは自分の生活スタイルに合わせて電気会社を選べるようになりました。

今までは地域の大手電力会社が独占的に販売していたので、自由電力になったのは大きな改正です。

このページでは一人暮らしで自由電力を使うメリットとデメリットについて詳しくご説明していきます。

電力自由化のメリット

電力自由化の制度により、家族でお住まいの人だけではなく一人暮らしにもたくさんのメリットがあります

今までは言われた通りに契約をすれば良かったので、「選択肢が増えて逆に困るのでは?」「契約を考えると面倒なのでは?」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、自由に電力会社を選べるメリットは意外にも多いので、これから一人暮らしを始める予定の人はきちんと押さえておきましょう。

様々な電力会社が競争してより良い料金プランを選択できる

電力自由化の最大のメリットは、様々な電力会社が競争して自分のライフスタイルに合うより良い料金プランを選択できる点ですね。

これまでの電力会社は地域独占で競争相手がいなかったのですが、2016年の4月からはあらゆる会社が新電力として参入しています。

なぜ複数の電力会社が競争すると私たちにメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

CHECK!

  • 電気料金の値下げや割引でアピールする会社が増える
  • ユニークなプランやサービスが取り入れられる
  • 環境に配慮した電気の使用など差別化を図ってサービスを提供する会社が多い

既存の一般電気事業者とは違い、新規参入している新電力は既に様々な料金プランを公表しています。

豊富な料金プランの中から一人暮らしの自分に合う会社を選べますので、選択肢が増えるのは良いことだとお分かり頂けるのではないでしょうか。

毎月の電気代が安くなって節約に繋がる

計算機と現金

毎月の電気代が安くなって節約に繋がるのは電力自由化によるメリットの一つです。

一人暮らしを始めたは良いものの「電気代やガス代などの光熱費が高くて生活が苦しい・・・」と悩んでいる方はいませんか?

そんな人に電力会社を自由に選べる電力自由化のメリットが大きく、電気代が安くなる仕組みを簡単にまとめてみました。

CHECK!

  • 従来の大手の電力会社は電力がピークになる際の基本料金をベースとしている
  • 新電力の会社は大手とは違った料金プランを私たちに提供している

大手とは違った料金プランとしては、次のように新電力の会社で違いがありますよ。各家庭、一人暮らしのライフスタイルに合わせてより多様化したプランがあります。

CHECK!

  • 時間帯を気にせずに電気を使いたい家庭にピッタリのプラン
  • オール電化住宅にお住まいの方におすすめのプラン
  • 日中は不在で夜間の電気の使用が多い人に適したプラン

電力を入手するルートは電力会社で異なりますが、リーズナブルな価格で提供してくれるのが魅力的です。

そのため、電気代を節約したい一人暮らしの方は、自分の生活時間帯に合う料金プランを選択してみましょう。

ポイントが貯まってお得に電気を使える

電力自由化の制度により、ポイントが貯まってお得に電気を使えるようになりました。電気の使用で貯まるポイントは、以下のように電力会社で違いがあります。

・Tポイント
・Pontaポイント
・楽天スーパーポイント
・WAONポイント
・東急ポイント
・dポイント

種類には違いがあるものの、毎月の電気の利用料金に合わせて貯まる点では一緒ですね。

現金での支払いよりもクレジットカードで決済した方がポイントが貯まってお得なように、毎日使用する電気もお得に使えるようになりました。

毎月支払う電気料金でポイントがたまって困る方はいませんよね。もちろん貯まったポイントはネットショッピングや実際の買い物で使えます。

電気を自社サービスとセットで販売するセット割が利用できる

電力自由化で電力の提供に新規参入する会社が増えたことで、電気を自社サービスとセットで販売するセット割が利用できます。

以下では、セット割が用意された代表的な会社を幾つか挙げてみました。

CHECK!

  • 東京ガス:新電力+都市ガスで更に安く使えてポイントも付帯※
  • ソフトバンク電気:新電力+スマホ+ネットで更に割引
  • ENEOS電気:ENEOSカードでポイント獲得率アップ、ガソリン値引き、Tポイント付与

ガスやインターネット、スマホなどあらゆる料金をセットにすることで節約に繋がりますよ。サービス単体では捻出できない低価格さを実現しているのが電力自由化のメリットなのは間違いありません。

MEMO
一人暮らしの自由電力利用のメリットはまさにこのセット割引にあると思います。電気+都市ガスやネットなどをまとめて安く使えるのです。電気料金だけじゃなく他の付帯するサービスにも注目です

電力自由化のデメリット

メリットとデメリット紙

「料金プランを自由に選べる」「電気代を節約できる」と聞き、電力自由化は嬉しい制度だと考えている方はいます。

しかし、そんな電力自由化にも幾つかのデメリットがありますので、良くない部分をきちんと押さえておきましょう。人によっては電力自由化の恩恵を感じないかもしれません。

全ての家庭で電気代が安くなるとは限らない(逆に高くなる恐れもある)

一人暮らしなのか家族で住んでいるのかで違いはあるものの、電力自由化は全ての家庭で電気代が安くなるとは限らないデメリットがあります。

逆に高くなるケースも多く、以下ではその理由を簡単にまとめてみました。

  • check!オール電化住宅は新電力にすると料金が上がる可能性が高い
  • 今までにあまり電気を使わない一人暮らしの人は、新電力に変えても毎月の電気代にはさほど違いがない

オール電化住宅に関しては新電力よりも安い専用のプランで契約している場合がほとんどです(一人暮らしの方にはあまり関係無いかもしれませんが)

また、消費電力が少ないと電気料が逆に高く料金が高くなる可能性がありますね。特に一人暮らしの方はそんなに電気を使う事もすくないでしょう。

MEMO
※ただし先程も書いた通り付属するサービスでトータルでお得になるケースは多々あります。

途中で契約を解約すると違約金が発生する恐れがある

電力自由化であらゆる電力会社から比較して選べるようになりましたが、会社によっては途中で契約を解約すると違約金が発生する恐れがあります。

これは電力自由化のデメリットの一つで、auやdocomoなどスマホの2年縛りをイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。

電力会社に支払う違約金が発生するのは、次の3つのケースに当てはまる時です。

check!

  • 契約してから短期間で解約する(3年間以上に渡って使わなければならない電力会社もある
  • 更新月以外のタイミングで解約の手続きをする(料金プランに何かしらの縛りがある)
  • ネット回線やスマホなどのセット割引の契約を解約する

「○年契約」という条件を掲示している電力会社の場合、決められた年数を経過せずに解約の手続きをすると違約金が発生しますので注意しなければなりません。

どれだけ電気代が安くても解約する際に高い違約金を支払っていては意味がないので、長く続けるべき料金プランなのかきちんと考えてから契約すべきですね。

まとめ

電力自由化で新電力と契約=必ず電気が安くなるわけではないんです。とりわけ一人暮らしには大きな電気料金の削減は実感出来ないかもしれませんね。

それでも…セットでネットやガス、ガゾリンが安くなれば生活に掛かる固定費は削減出来ます。

電力を変更する事でその他の生活コストを下げる事が大きな意味があると思います。

電力会社を自由に選べる時代となったのは紛れもない事実ですので、一人暮らしのあなたのライフスタイルに合う料金プランを探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です