ENEOS電気の料金やサービスの特徴について

ENEOS電気はガソリンスタンドでもお馴染みのENEOSの電力会社で、石油元売り企業の中でも最大のJX日鉱日石エネルギーから提供されています。

私たち顧客にとってどんなメリットがあるのか、ENEOS電気の特徴について詳しく見ていきましょう。

ENEOS電気の特徴をまとめてみた

「エネゴリくん」でお馴染みのENEOS(エネオス)では、電力の自由化に伴って電気を購入できるようになりました。

ENEOS電気は実績を持つJXエネルギー株式会社から提供されているだけあり、新電力の中でも注目を集めていますね。

以下では、ENEOS電気が向いている人の特徴を幾つか挙げてみました。

CHECK!関東エリアに住んでいて電気代を節約したい
・セット割引を使ってトータルでお得に使いたい
・ガソリンや灯油を使う機会が多い

 

離島を除く関東圏にお住まいの方であれば、ENEOS電気と契約して電力を供給してくれます。

このページでは他の電力会社と違い、ENEOS電気にどんな特徴があるのか詳しくまとめてみました。

従量料金で電気の使用量が多い家庭ほどお得

ENEOS電気は使用量に合わせて料金単価の異なる3段単価方式の従量料金が採用されているため、電気の使用量が多い家庭ほどお得となります。

東京電力エナジーパートナーとENEOS電気で、料金にどのくらいの違いがあるのか見ていきましょう。

<東京電力エナジーパートナー>
300kWhを超える分:30.02円
120kWhを超えて300kWhまで:26.00円
最初の120kWhまで:19.52円
<ENEOS電気>
300kWhを超える分:25.75円
120kWhを超えて300kWhまで:24.09円
最初の120kWhまで:19.52円

一人暮らしではあまり電気代が変わらない可能性はあるものの、大家族におすすめの電力会社なのは間違いありません。

ENEOSのガソリンスタンドで1リッター当たり1円が値引きされる

ENEOS ガソリン給油

ENEOSでんき最大の魅力ともいえるかもしれません。ENEOS電気のセット割は、ガソリンスタンドでの給油の際に力を発揮します。

ENEOSのガソリンスタンドで次の給油をした際に、1リッター当たり1円が値引きされるのが大きな特徴ですね。

・ガソリン
・軽油
・灯油

「クレジットカードのENEOSカードで支払いを行う」「1ヵ月の上限は150リッターまで」といった条件は設定されていますが、毎日の生活でガソリンや灯油を使う人にメリットの大きなサービスとなっています。

ENEOSカード自体に給油で1リッター当たり2円~7円安くなる特典がありますので、電力会社への乗り換えと一緒に申し込んでみてはいかがでしょうか。

MEMO
ENEOSカード+ENEOSでんきを併用するとガソリン代はかなり安くなりますね。普段自家用車を頻繁に運転する方は結構なメリットがあるんじゃないかと思います。最大で1リットル当たり8円程ガソリンが安く利用できます。

特別提携クレジットカードの使用でポイントやマイルが貯まる

ENEOS電気の料金支払いで特別提携クレジットカードを使えば、ポイントやマイルを効率良く貯めることができます。

以下では特別提携クレジットカードの種類に応じて、適用される特典をまとめてみました。

CHECK!

  • ENEOSカード:上記で説明したようにガソリンスタンドでの給油が安くなる
  • ANAカード:クレジット移行ポイントとは別で200円ごとに1マイルが付与される
  • ビューカード:本来は1,000円で2ポイントなのに対して2倍のポイントが付与される
  • ティーエスキュービックカード:通常は1,000円で10ポイントのところ1.5倍の15ポイントが貯まる

まとめ

東京都を中心に関東圏にお住まいで、更にガソリンスタンドを利用する機会の多い人にENEOS電気は向いています。

家庭の電気使用量を「見える化」して電気代の節約に繋げられるサービスも用意されていますので、詳細はENEOS電気の公式サイトで確認してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です