au電気の料金やサービスの特徴について

2016年の4月から始まった電力自由化に伴い、日本の大手通信事業者であるKDDIもau電気をスタートしました。

このページではau電気が向いている人の特徴や、他の電力会社とは違ったメリットについて詳しくまとめています。

au電気の特徴をまとめてみた

国内で最大手の通信会社が電力事業にも参入したことで、「au電気と契約しようかな」と考えている方は多いのではないでしょうか。

以下では、au電気がどんな人に向いているのか幾つか挙げてみました。

CHECK!こんな人は向いているauでんき

・auの携帯電話やスマートフォンを使っている
・沖縄県と離島を除く場所に住んでいる
・ピーク時の電気代が10,000円~15,000円と高い

電気料金自体を割引してくれるシステムではないものの、毎月使う電気代が多いとau WALLETに還元してくれる仕組みとなっていますよ。

このページではau電気の特徴やメリットをまとめていますので、サービスに加入する前に確認しておいてください。

毎月の電気代に合わせてau WALLETポイントが貯まる

au電気では、毎月支払う電気代に合わせてau WALLETポイントが貯まるサービスが実施されています。

auスマホやauひかりなど携帯電話やインターネットのサービスを使っている人限定で、同時にau電気と契約するのが条件ですね。

au電気のポイント還元率は次のように設定されていました。

CHECK!ポイント還元率

  • 5,000円未満1%
  • 5,000円~8,000円3%
  • 8,000円以上:5%

毎月の電気代が安い一人暮らしの人にとってはそこまで還元率は高くないものの、大家族の場合は5%のau WALLETポイントが貯まりますのでお得です。

ご利用ポイントはau WALLET プリペイドカードにキャッシュバックされて、auショップで使ったりMastercard加盟店で支払ったりできます。

独自の専用アプリで電気使用量をチェックできる

auでんきアプリ

エアコンを使う夏場や冬場は、「電気の使用量はどのくらいなんだろう・・・」と不安になるのではないでしょうか。

そんな時にau電気と契約していれば、独自の専用アプリで電気使用量を簡単にチェックできます。

CHECK!電気量確認アプリでできる事

・他の家庭と比較して自分の電気の使い方を見直すことができる
・電気の使いすぎをアプリやメールで知らせてくれる
・自分の生活スタイルに合う省エネ方法や省エネ商品を教えてくれる

au電気のアプリにはこういった機能も用意されていますので、計画的に電気を使うことができるのです。

いくら新電力に乗り換えたとしても、日々の電気の使い方が間違っていると効率良く節約することはできません

電気の使用量に合わせた料金は従来の電力会社も新電力もそこまで大きな違いはないので、auでんきアプリのお知らせ機能や節約方法のアドバイスを上手く利用してみてください。

全ての支払いを1つにして管理できる

光熱費や生活費など家計簿をつけていて、こんな悩みを抱えている方はいませんか?

CHECK!・インターネットの明細がどこかにいってしまった
・スマホの明細をなくしてしまった

もしau電気と契約していれば、「インターネット回線」「スマートフォン」「電気代」の全ての支払いが1つになります

つまり、生活費の管理が今まで以上に楽になりますので、家計簿をつけるのが簡単ですね。

au電気は関東圏や関西圏に加えて、「北海道電力管内」「東北電力管内」「中部電力管内」「北陸電力管内」「四国電力管内」「九州電力管内」と全国に供給エリアが対応していますので、自分に合う料金プランを探してみましょう。

まとめ

特に一人暮らしの場合においてauでんきは必ずしも大きな節約になるとは限りません。

auでんきは利用した電気料金をau WALLETポイントで還元するわけですから、基本的に使用する電力が多くない一人暮らしの場合は大きなポイントバックは望めないでしょう。

それでもスマホやネットがauの人は支払いがまとめられたり、クーポンがもらえたりと少なからずメリットはありますのでチェックしてみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です