デート代をなるべく安く済ませる具体的な方法

デートを節約

好きな人や恋人と一緒にいられる時間、デート。幸せな時間のはずなのに、会う度に一つ困った問題が…という人も多いのではないでしょうか?

そう、お金の問題です。

好きだから会いたい!と思う気持ちはあるものの、デートをすると何かとお金が必要になるために嫌だと感じてしまい、それがきっかけとなって、結果的に別れるというのもよくある話です。

そうならないためにも、ここではデートをなるべく安く済ませるコツを紹介します。

シンプルだけどまずはなるべくお金のかからないところへ行く

まず始めに、そもそもお金のかからない場所に行くというのは大切です。

チケット代の高い遊園地などのレジャー施設は避け、公園など公共施設や比較的入場料の安い公営の動物園や博物館などを利用するようにしましょう。

もし、山や海が近くにあるなら自然に触れながらの散歩などもおすすめです。

二人で見つけた草花などをスマホで調べてみたりする楽しみ方もあります。

(ただし、バーベキューやキャンプなどをすることになると道具や材料を揃えるために出費が大幅に増えるので注意が必要です。)

他にも、変な気前の良さを見せなければ、買い物デートは意外とお金がかかりません。

品物を購入するかどうかはお互いの自由なので、下手に干渉しなければ大丈夫です。

それに、大型のショッピングセンターなどは見て回るだけでも時間がかかるのと、何かと話題になる物があるため色々と気を回すことがなく楽です。

マンネリ化しないように季節のイベントを取り入れる

ただ、行く場所を安く済ませる努力は大切ですが、案外続かないのも事実です。

会う度に同じような場所ばかりになってしまうと、それだけでマンネリ感が出て退屈だと感じます。

そこで取り入れたいポイントが季節のイベントです。

四季折々の良さがある日本では、いろんな場所でいつもたくさんのイベントが行われており、無料で参加できるものも数多くあります。

単に外に行くばかりを繰り返していると飽きてしまいますが、そこに何かイベントを取り入れたりするだけで感じ方はまったく違ってきます

例えば、季節事にあるお祭りなどもそうですが、春はお花見、夏は花火大会、秋は紅葉狩り、冬はイルミネーションといったよう、お金をかけずに想い出にも残る体験が手軽に出来ます。

開催場所や時間はインターネットなどで調べると簡単に情報を得られるので、二人で計画しながら足を運んでみるといいでしょう。

以下サイトでは日本全国のイベントを確認する事が出来ます。このほか地域のローカルな行事などはSNSやGoogle検索でチェックしてみましょう

 

デートの食費もテイクアウトを利用する事で節約可能

もっともお金がかかる原因として、第一にあげられるのは食事代ではないでしょうか?

昼から夜まで会うとしても、ランチ代にディナー代は必要になってきますし、少しお茶をするつもりでカフェに入っただけでもお金は思う以上にかかります。

それが二人分ともなれば、一回会うだけでも結構な金額になりますよね。

だからといって、毎回のように値段を抑えたファミレスやファーストフードなどの騒がしいお店ばかりでは、せっかくのデートも盛り上がりません。

そこで、おすすめしたいのが、お弁当やパンのテイクアウトです。

お店に入るよりは安く済むことがほとんどですし、天気の良い日に外でデートするときなどは特におすすめです。

それに、お弁当やパンなどは和洋中と種類が豊富なこともあり、お互い好きな物を選んで食べられるため、お店選びで失敗することも少なくなります。

お弁当やパンを買うお店はコンビニなどで済ますのではなく、専門のお店を調べ、そこを目的としてデートをするというのもいいかもしれません。

その他の節約法は?

デート代の節約方法は色々ありますが、自分に何か趣味がある場合は『共通の趣味がある人と付き合う』というのも良い手です。

趣味には何かとお金がかかりがちな上、付き合っていく中でその優先順位などを理解されないため相手の人と揉める原因になることも多々ありますが、初めから同じ趣味の相手と付き合うなら問題はありません。

趣味が同じなら必要な道具などはお互いに揃っていますし、休日は趣味の時間も取りつつデートの時間にもなるということで一石二鳥です。

それに、楽しいと感じることが同じ人なら価値観も似ているため、金銭的な感覚もあまり大差なく自然体で過ごせるはずです

デート用の共通財布も効果的

最近よくある方法として、デート用の共通の財布を作るというのがあります。

お互いに決められた日に決められた金額を共通の財布に入れ、デートにかかるお金は全部そこから出すという方法です。

賛否は分かれると思いますが、付き合いも長くなり、それ故にデート代が嵩んで厳しいというカップルにはおすすめです。

デート代を出して貰っている女性も、申し訳ないと思っているが言い出しづらくて悩んでいるというのなら、この方法を男性に提案するのも良いでしょう

共通財布の残金内で行けるところに行き、食べられるものを食べるというのはお互いに気を遣うこともありません。

足りなくなったときは我慢し、余ったら貯めておいて旅行の費用にするといった楽しみ方も出来ます。

また、将来的に結婚を考えているのなら予行練習にもなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です