一人暮らしのネット料金(通信費用)を半額に節約する具体的な方法

一人暮らしの節約において一番カンタンで最も効果が高いのは通信費の節約です。

このブログで何度も書いてますが、食費や光熱費を節約するよりもまずは固定費(ネット、保険、家賃)を節約する方が簡単で効果が高いです。

「何から節約すれば良いかわからない」そんな人は真っ先に通信費を見直しましょう。ここを避けて一人暮らしの節約の成功はあり得ません

そこでこの記事ではネットの利用頻度に分けてあなたの一人暮らしにはどんなネット環境がオススメなのかを書いてみたいと思います。

タイトルにもありますがスマホ+固定回線(光回線)を半額で利用する為の具体的な方法を紹介します。

長めの記事になりますので後で読み返す場合はブックマークをお忘れなく。

一人暮らしのスマホ料金節約は格安SIMがカギ!スマホの平均利用料金はいくら?

まずは一番節約しやすいスマホ料金を下げます。ネットをあまり使わない人もガンガン使う人もスマホは必ず持ちますよね。

大手キャリアと呼ばれるドコモ、au、ソフトバンクを利用している人がほとんどだと思いますが、これは格安SIMに移行した方が断然安くなります

この大手キャリアから格安SIMに移行するだけで年間4~6万円程度のスマホ料金が節約できます。

スマホの平均利用料金ですが、マーケティング企業MMD研究所の2017年の調査では…

現在支払っているスマートフォンの平均月額料金は、大手3キャリアのユーザーは平均7876円格安SIMユーザーは平均2957円。引用:MMD研究所

上記のマーケティング結果を見ると格安SIMユーザーはスマホ料金を3,000円未満で利用しているのに比べ、大手キャリアに関しては8,000円程度支払っており、単純に倍以上の料金を支払っている事になります。

この平均で考えると年間でおよそ4万8千円程度の節約になり、非常に大きな節約効果が期待できます。

特に月収20万以下で一人暮らしを考えている人にとって格安SIMへの移行は必須と言えるレベルではないでしょうか?

 

MEMO
例えばドコモやauではスマホ+光回線でスマホ料金を割引する事も出来ますが、それでも格安SIM+光回線の方が安いです。この辺は後で詳しく解説します。

ほとんどネットを使わない人はスマホだけで十分!回線契約は不要でネット料金は半分以下に!

格安SIM パッケージ

ここからはネットの利用頻度を元に、それぞれに合ったネット環境を具体的に提案していきます。

まず、そこまでネットを使わない人、そうした人は節約の観点からも無理に光回線を引く必要はないと思います。

光回線に関してはどんなに安くしたってアパートの場合、毎月4000円程度の利用料金が掛かります。少しでも節約したいならネット回線の契約は慎重になるべきです。

以下のような人はもしかしたら固定回線の必用は無いかもしれません。

CHECK!こんな人は固定回線は不要かも?

  • 動画(YouTubeなど)はほとんど見ない
  • ネットの利用はLINEやTwitter、インスタなどのSNSがメイン
  • ネット検索やニュースをよく見る
  • オンライン系のゲームをしない
  • ネットの利用はスマホからがほとんど
  • 大容量のファイルなどをアップロードしたりしない

通信容量を多く使うのが動画の視聴やダウンロード、オンラインゲームなので、上記の項目をチェックしてほとんど当てはまる人は固定回線を無理に契約する必要はないかもしれませんね。

そもそも現在はほとんどの事がスマホで出来ますから、生活の中でPCを利用する機会も少ないのではないでしょうか?

そこで心配なのが毎月の通信量ですよね。格安SIM各社は通信プランも幅広く取り扱っています。

格安SIMでも3GB~50GBまで通信プランが選べる

毎月30GBも50GBもスマホで利用する人は固定回線を別途契約した方が安くなると思いますが、3GB~10GB程度のプランであれば格安SIMで十分です。

仮に毎月10GB程度であれば動画もそれなりに見れますし、現在大手キャリアの5GBや7GBプランで足りている人は十分な通信量でしょう。

タブレットやPCでもネットを多少使う人はテザリングでOK!

外出先や自宅で多少なりPCやタブレットを使う人は、スマホのテザリング機能を利用すればOKです。

テザリング機能とは自分のスマホをポケットWi-Fiのように使い、PCやタブレットなど他の端末をネットで接続する機能で、現在発売している機種はほとんどがこのテザリング機能を利用する事が出来ます。

もうスマホの標準機能と言ってもいいかもしれませんね。

これなら常時PCやタブレットを使わない人なら十分です。スマホがポケットWi-Fiになるので(充電は消耗しますが)安心です。

少しの利用の為に固定回線を契約するのは非常にもったいないです。

格安SIM+テザリングで済むならそれに越した事は無いでしょう。

格安SIM月額モデルケース:あんまりネットを使わない人は月額2000円以下で利用可能

あまりネットを使わない人利用金額のモデルケースを紹介します。以下の人をモデルに格安SIMの契約例を紹介してみます。

  • スマホ利用はほとんどがSNSとネット検索のみ
  • PCやタブレットは使わない(全てスマホで済む)
  • 通話はLINEで友達と通話する程度
  • スマホは今まで利用していたスマホをそのまま格安SIMで利用

IIJmio:ミニマムスタートプラン:1600円/月

IIJmioという格安SIM(国内シェア2位)の一番通信量が少ないプランだと3GBプランでおよそ1600円で利用可能です。

CHECK!

  • IIJmioミニマムスタートプラン
  • 音声通話+SMS+ネット3GB(キャンペーン中は増量有り))

動画を見ないでSNSとネット検索のみなら3GBで足りると思います。

音声通話は20円/30秒と少し高額なので、LINEトークなどで通話をするか、かけ放題オプションを利用する事で通話料金を抑える事が出来ます。

  • 誰とでも10分かけ放題:月額830円
  • 誰とでも3分かけ放題:600円

仮に通話かけ放題10分を付けても月額2430円程度です。

今のスマホ料金と比べてかなりコストダウンできるのではないでしょうか?

どの格安SIMにすればいいのか?具体的にどれくらい安くなるのかは以下記事で詳しく解説しています。

格安SIM月額モデルケース:そこそこネットは使う!月12GBプランで3000円ちょっとで利用可

動画もそれなりに見るしゲームもまぁまぁする。電子書籍などもダウンロードする人にとっては3GBでは足りないと思います。

  • 動画はそれなりに見る(一日10~20分程度)
  • SNSもネット検索もインスタも暇があれば開く
  • テザリングでタブレットやPCもつなぎたい

IIJmio:ファミリーシェアプラン:3260円/月

余裕をもってネットを利用したいのであればIIJmioのファミリーシェアプランは安心して利用できます。ネットは12GB使えて月額3260円で利用可能です。

CHECK!

  • IIJmio:ファミリーシェアプラン
  • 音声通話+SMS+ネット12GB+SIMカード3枚まで無料

動画もそれなりに見るし、テザリングも利用する人はIIJmioのファミリーシェアプランがオススメです。

こちらもミニマムスタートプランと同じようにかけ放題オプションを追加できるので、12GB+10分かけ放題で月額4090円程で利用可能です。

これ位であれば十分にネットを使えますし、余った分は翌月に繰り越せます。

多すぎると思ったら翌月からプラン変更もできるので非常に便利、大手キャリアより安くて使い勝手もなかなかです。

個人的には格安SIMデビューならIIJmioがオススメですね。後述しますが光回線コラボもかなりコスパが高いです。

光回線以外のネット回線ならWiMAX+2が最有力!外出先でもネット使い放題!

W05画像

ちょっと使いこんでる感ありますが…W05というルーターです

自宅でも外出先でも沢山ネットを使いたい人も多いと思います。通勤の時は海外ドラマやYouTubeを見る人も多いですよね。

通信費を節約する上で無理に固定回線は契約しないと書きましたが、外でも家でも不自由なく(通信量を気にする事無く)ネットを使いたい人も多いと思います(私もそうです)

そんな人はポケットWi-FiでおなじみのWiMAX+2を利用する事で家でも外でもネット使い放題になります。

しかも格安SIMと併用する事で月額料金も大手キャリアのスマホ代より安く抑える事が可能、安くネットをたくさん使いたい人はチェックです。

WiMAX+2は月額3400円でネット使い放題!ポケットWi-Fiで外出先でも利用可!一人暮らしの強い味方

BrordWiMAX価格

WiMAX+2が一人暮らしの通信量節約の強い味方になります。

月額3,411円(BrordWiMAX)で使い放題、通信速度も速く動画や電子書籍のダウンロードもほんとあっという間!

最大のメリットは外出先でもガンガンネットが利用できる事、しかも月額料金は固定回線よりも安いです。

厳密には3日間で10GBを消費すると通信速度の規制が入りますが、それでも動画を見る程度なら問題ない速度です。

WiMAX+2は実質の使い放題と言って問題ないでしょう。

なぜWiMAX+2じゃなきゃだめなのか?他のポケットWi-Fiは?

私が個人的にWiMAX+2を推すのは高速通信使い放題というところにあります。

他社でもポケットWi-Fiの契約がありますが、月に7GBや10GBと言った通信量の上限が決まった契約が多いです。

そのようなプランに月額3,000円以上払うのであれば、正直スマホを大容量プランで契約してテザリングしたほうが安上がりなんですよね。

速度も固定回線までとは言わないですが、高速で実質使い放題、外出先でも利用できるのがWiMAXの最大のメリットです。自宅の固定回線の代替えでは最有力だと思いますよ!

MEMO
外出先でも使い放題と言う事は、スマホも外出先でネット使い放題になるわけですからスマホのプランの料金(通信量)を抑える事が出来ます。結果、スマホ料金が下がり通信費全体の節約になりますね

WiMAX+2は届いてすぐに使える!余計な工事やネットが使えない期間が無い

ネットで申し込んでWi-Fiルーターが届いたらすぐにネットが使えるのもWiMAX+2のいいところです。

固定回線(光回線)の場合は開通までに2周間〜3週間程度時間がかかります。その間は自宅でネットはスマホだけになるわけですから、多少のストレスになるでしょう。

工事も下見もありませんし、申し込んで数日で届きます。そこまで速度にこだわりが無いのならWiMAX+2で十分じゃないかなと。

特に一人暮らしでネット接続する機器が数台程度の場合は外出先でも使える事、月額費用の面からもWiMAX+2がおすすめですね。

WiMAX+2を契約する上での注意点!

ライトプランではなくギガ放題プランを選ぼう!

月額 通信量 契約期間 備考
ギガ放題 3,411円(税抜 無制限 3年 最大3ヶ月2944円
ライトプラン 2,726円(税込) 7GBまで 3年

※BrodWiMAXの価格を参照

まずせっかくWiMAX+2を契約してもプラン選びは注意したいところです。

ライトプランとギガ放題プランが選択できますが、ここはギガ放題プランを選んでおきましょう。ライトプランは月に7GBまでしか利用できず、使い放題とは程遠い内容になります。

先程も言いましたが7GB程度であればスマホを大容量プランに変更したほうが月額は安上がりだと言えます。

WiMAX+2の最大のメリットは外出先でも自宅のようにネットが使い放題というところなので、選ぶプランはギガ放題一択だと思います。

MEMO
仮にギガ放題プランを申し込んでやっぱりライトプランにしたい場合は翌月からのプラン変更ができるので安心です。申し込んだらずっとそのプランしか利用できなという事は無いのでご心配なく

自分の住んでいるエリアがWiMAX+2の範囲かどうかをチェックしておこう

WiMAX+2エリア判定

自分の住んでる(働いている)エリアがWiMAX+2のエリア内かどうかはしっかりチェックしておきましょう。

都市部、地方都市のほとんどをカバーしているWiMAXですが、エリア外の場所もあります。

公式サイトから自分の住んでいるエリアをチェックできるので必ず申し込み前に確認を。不安な人はそのまま自分の住んでいるエリアが対象かどうかを問い合わせる事も出来ます。

 

一人暮らしのWiMAX+2利用モデルケース

ここで格安SIM+WiMAX+2を契約した場合の月額料金をシュミレーションしてみます。

まず家でも外出先でもネットは使い放題なわけですから、スマホは最低限度のプランを組みます。

ほぼ一日中Wi-Fiにつながっているイメージなので通信量を消費する事もあまり無いかと思います。

  • 格安SIMはIIJmioの3GBプランを契約
  • WiMAX+2はギガ放題プランを利用
  • 固定回線は利用しない

CHECK!

  • IIJmio:ミニマムスタートプラン(3GB)+音声通話=1,600円
  • BroadWiMAX+2:ギガ放題プラン=3,411円

 

この上記の内容だと月額5,011円(税抜)でスマホとネット回線が利用出来ます。

実際、WiMAX+2のエリア内であればネットの使用量に不自由する事なく外でも自宅でもネット使い放題、それで月額5,000円程度ですからコスパは高いと言えます。

大手キャリアの場合はスマホだけでも6000円は超えるのではないでしょうか。

一人暮らしでネットを好きなだけ使い、更に月額費用を安くするにはかなり現実的な契約プランじゃないかと思います。

一人暮らしで自宅に光回線を引く場合の節約方法

アパートの固定回線 モデルとルーター画像

大手キャリアでもドコモ、au、ソフトバンクがスマホ+光回線の割引を行っていますが、少しでも節約するなら格安SIM+光回線のコラボのほうが断然安いです。

例えばドコモのスマホ+光回線のドコモ割の場合…

  • 月額データ量5GB(iPhone利用)
  • かけ放題ライト(5分かけ放題)
  • ドコモ光マンションを契約

上記の内容でドコモの場合は月額11,016円かかる事になります。つまりスマホと自宅のネットで年間12万円強です

スマホだけで1万を超えるような人も居る中、光回線込みで月額1万円は安いようにも感じますが節約するならやはりこの半額程度にはしたいところですね。

IIJmio+IIJひかりの組み合わせで通信費を月額5000円にする

格安SIM+光回線のセットを行っている会社はまだまだ少ないのですが、IIJmioでは光回線も取り扱っています。

ただでさえ安いのですが、セット割引でスマホ代から-600円の割引が入ります。月額費用は以下の通りです。

  • IIJmioひかり:集合住宅向けプラン3,960円
  • IIJmio:ミニマムスタートプラン(3GB)+音声通話=1,600円
  • 更にまとめてお得mio割適用でスマホ料金から毎月-600円値引き

上記プランのようにスマホもネットもすべてIIJmioに統一すると自宅のネット回線+スマホで月額4,960円で利用可能です。(画像はキャンペーン中の為、300円安いです)

もしかしたらあなたの一ヶ月のスマホ料金より安いのではないでしょうか?もちろん光回線料金の3,960円にはプロバイダー料金が含まれています。

ドコモ光と比べても半額以下でスマホ+固定回線が利用できるので「自宅には必ず光回線を引きたい」と思っている方にはオススメですね。

自宅回線もスマホもIIJmioにまとめた場合は年間の通信費はおよそ6万円程度で収まりますね。ドコモの半額以下になります。

年間で数万円の節約ができれば他の趣味や旅行、貯金にも充てられますね。

MEMO

実際に筆者もIIJmioの格安SIM+IIJひかり、上記プランをそのまま利用していましたが、何の不便もなく3年ほど利用しています。

格安SIMに関しては昼頃に若干の速度低下はあるものの、月額費用を考えると十分だと思いますね。今のネット料金を半額にする事は十分可能です。

さいごに

冒頭にも書きましたが一人暮らしで節約を考える場合は通信費の削減を優先順位の1番に持ってくるべきです。スマホとネットのプランを変えるだけで人によっては年間10万以上の節約になると思いますよ。

光熱費や食費を削って節約をするのは最後の最後です。まずは固定費、特に通信費の節約に全力を尽くしてみてください。

先ほども書きましたが今のネット料金を半額にする事は十分可能です。あとはやるかやらないかだけじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です