一人暮らしのネットをスマホだけに!月額3000円以下に節約する方法

一人暮らしにネット回線(光回線)は必要ない方も実はたくさんいます。

そこまでネットを利用しない方やSNSをメインに利用される方、スマホはかなり使うし動画も見るけどPCやタブレットは使わないから自宅に回線は引きたくない方など。

とにかく一人暮らしのネット環境をスマホだけで済ませたい方の為に書きました。

このサイトは節約する為のサイトですから、月額のスマホ料金も安く抑える為のプランも紹介します。

スマホ料金の目安は月額3000円以下で、それなりにネットを利用する人でも大丈夫なプランを紹介!気になる方はブックマークしておきましょう!

スマホだけじゃなくネット料金全般の節約に関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

まず一人暮らしのスマホ代節約の為に格安SIMの契約は必須!

まず今の大手キャリアのスマホ料金を格安SIMに変更するだけでおよそ半額までスマホ料金を下げる事が出来ます。

2017年度のマーケティング企業MMD研究所の調べによると

現在支払っているスマートフォンの平均月額料金は、大手3キャリアのユーザーは平均7876円格安SIMユーザーは平均2957円。引用:MMD研究所

となっており、あくまでも平均値ですが格安SIMに移行するだけでスマホ料金をほぼ半額以下に抑える事が出来ます。

格安SIMに引っ越し(MNP)するにはどうすればいいの?

今使っているキャリアから格安SIMに移行する場合は、ほとんどの人がMNPという手続きを使って引っ越します。今の番号そのままで他社に引っ越すにはこのMNPが必須になります。

格安SIMへ乗り換える手順としては以下の通りになります。

CHECK!

  • 自分の契約更新月をチェックしておく
  • どの格安SIMへ引っ越しするか決める
  • MNP予約番号を取得する
  • 格安SIMへ申し込み&乗り換え

契約更新月は必ずチェックしておこう

スマホ2年契約自動更新

多くの人が大手キャリアの2年契約を利用していると思います。

この2年契約は途中解約した場合に9500円の違約金が発生、さらに機種本体の分割残高があれば、残りの機種代金も一括で支払う必要があります。

注意したいのは2年使った後はいつ解約しても違約金が発生しない思っている人が多い点です。

2年利用後は再び自動更新となりますので、契約更新月から2カ月以内に解約、もしくはMNPをしないと違約金が発生してしまいます。

余計な費用が掛かりますので必ず「いつなら他社に引っ越して解約金が掛からないか?」をチェックしておくとようにしましょう。

マイメニューなどから契約内容に進むとチェックできますし、ショップなどの窓口でも「契約更新月を知りたい」と伝えれば教えてくれます。

MEMO
ただし、毎月数千円単位で安くなる格安SIMなので1万程度の違約金なら払ってしまう人も多いです。スマホ料金は安くなれば2~3ヶ月で違約金の元は取れてしまうためです。次の契約更新月が遠い場合は違約金を払ってでも格安SIMにした方がトータルでは安い場合がほとんどですね。

MNP予約番号を取得しよう

格安SIMに引っ越すにはMNP予約番号の取得が必用です。MNP予約番号はショップ窓口でも取得できますし、電話やマイメニューからも取得できます。

大手3社のMNP予約番号に関しては公式サイトで確認してみて下さい。多くの場合は電話かショップで番号取得しています。

格安SIMはドコと契約するべき?

これから格安SIMに移行しよううと思っても、一番の悩みは「どこの格安SIMと契約すればいいのか?」というので必ず悩みます。

そこで初めて格安SIMを利用する人にオススメの会社3社を紹介、選んだ基準は以下の通りです。

CHECK!

  • 知名度、ブランドがあり安心して契約できる事
  • 大手でサポートがしっかりしている事
  • かけ放題や無料通話、使い放題などプランに幅がある事
  • ユーザーが多く口コミやレビューが検索で多くみられる事

今まで大手キャリアで毎日CMで見かけるような会社と契約していたわけですから、聞いたこともないような無名の会社と契約するのは不安なハズです。

大手でサポート体制もしっかりしている会社の方が長く使っていく上では安心できますね。

そして以外と大事なのがユーザーの多い格安SIMを利用する事。困った事やトラブルはある程度自分で解決しなければならない場合も多々あります。

そんなときにユーザーの多い格安SIMは専門のサイトであったり、口コミやブログでの情報が非常に多いです。困ったときの答えが見つけやすいんですよね。

それらを踏まえて以下3社をおすすめします。格安SIM選びの参考になれば幸いです。

IIJmio(みおふぉん)はプランも多く音声通話月額1600円~利用可能!

IIJmio料金表

格安SIM大手No1(2017年度)のIIJmioはユーザー数も多く、何よりプランが豊富でおすすめの格安SIMです。

そこまで通信量を使わないのであれば月額3GBが1600円~利用が可能です。

ミニマムスタートプランなら3GB、ライトスタートプランなら6GB、十分に月額3,000円以下でスマホの運用が可能です。

大容量プランは3000円を少し超えますが、ファミリーシェアプランだと3,260円で月に12GBまで利用可、これなら動画も十分見れますし3GBや6GBで不安な人も十分でしょう。

今使っているスマホがドコモならそのまま利用可能!

現在使っているスマホがドコモの機種ならIIJmioのDプランでそのまま利用が可能です。

もし現在使っているスマホがauやソフトバンクの機種だった場合はSIMロック解除という手続きをすればIIJmioでのスマホ利用が可能になります。

SIMロック解除の詳細は割愛しますが、ショップに行き「SIMロック解除したい」と伝えれば手数料3,000円程度は掛かりますがすぐにできますよ。

わざわざスマホを新しく買わなくてもOKです。これはIIJmioに限らすどこの格安SIMでもSIMロックを解除すれば利用可能です。

取り扱い機種も多くキャンペーンも多い

IIJ 機種

格安SIMに移行するタイミングで機種を変更する人も多いと思いますが、IIJmioの場合は取り扱い機種も多くネットから申し込みの場合、次期にもよりますがキャンペーンも頻繁に行っているためお得に機種変更を行う事ができます。

通信容量を増量したり、Amazonギフト券をキャッシュバックとして還元したりユーザーにとってはありがたい事が多いです。

なお、スマホも一緒に購入する際は分割払いもOK!今のスマホをそのまま利用する際は機種を買う必要は無く、音声通付きのSIMカードだけ契約しましょう。

MEMO
IIJの場合はスマホだけじゃなく光回線をいずれれ契約するかもしれない人にもおすすめです。詳細は別記事になますが、光回線も3960円、さらにスマホ代-600円で利用できますのでかなりコスパが高いです。

UQモバイルは月額1980~でネットも新品スマホも使える

毎日CMで見かけるUQモバイルも格安SIMの大手です。au回線を利用しておりKDDIの子会社でもあります。

みんな知っているKDDIが親会社ですから少なくとも全く知らない会社と契約するわけじゃないので安心感は一番高いんじゃないかなと思いますね。

私がUQモバイルをオススメの点は以下の通りです。

CHECK!

  • 専門窓口(UQ専門ショップ)が多数あり契約後のサポートも安心
  • かけ放題+ネット+スマホ本体料金がセットで1980円~
  • 通信速度が安定している使い心地は大手キャリアとほとんど変わらず
  • web申し込みでキャッシュバックがもらえる

>>UQモバイルMNPキャンペーンで13,000円ゲット!SIMカードだけも可

UQモバイルは契約後も直接専門ショップで相談できる

UQスポット

格安SIMが初めての人の一番の不安は困ったときの対応だと思いますが、UQモバイルは格安SIMでは珍しく専門ショップの窓口を全国に設けています

UQモバイル直営のショップUQスポットではUQモバイルユーザーが直接お店で契約の変更や、疑問点を質問できたりと現在のドコモショップやauショップのような使い方ができます。

なんでもネットで完結してしまう中で直接スタッフに相談できるのは格安SIMユーザーとしては大きなメリットだと思いますね。

かけ放題+スマホ+ネット全部コミで1980円~利用できる

UQモバイルではかけ放題(もしくは無料通話)+スマホ本体+ネットが全て込みで1980円〜利用出来ます。

驚きなのがスマホ本体料金も込みでこの価格という事。もちろん自分のスマホをSIMロック解除して利用する事も可能ですが、乗り換えの際に新しいスマホにしたい人は安く新品のスマホが使えます。

MEMO
UQモバイルは機種によっては実質108円からスマホを購入できます。しかもAQUOS SenseやP10Liteなど有名なSIMフリー機種が揃っているので一度のぞいてみてください

もっとも通信速度が安定している格安SIMはUQモバイル

IIJmioを含め格安SIM各社のデメリットですが、お昼や夜の通信が混雑する時間は速度が低下するという事、これはどの格安SIMでも速度低下は起こります。

ですが、UQモバイルの場合、速度の低下はあるものの体感としてはほとんど速度低下は気が付きません。動画も普通に再生されますしネットもサクサクです。

さすがにKDDI直属の格安SIMだけあって通信速度低下の心配は無用です。

MEMO
実際に筆者も2年ほどUQモバイルを利用していますが速度が遅いと感じた事はタダの一度もありません。今みなさんが使っているドコモやauのスマホ、それと同じ使い心地ですよ

UQモバイルの隠れた魅力!節約モードがそこそこ使える

格安SIMにはどこの会社も「節約モード」があり、高速通信と節約モード(低速通信)を使い分ける事が出来ます。

節約モードはその名の通り、通信速度は遅いけどその分、通信量がカウントフリーで利用出来ます。つまりネットは遅いけどほぼ使い放題の状態が節約モードです。

この節約モードがそこそこ速いのはUQモバイルなんですよね、確かに速度は遅いもののLineやTwitterなどは普通に使えますし、読み込みや画像も荒いですがYouTubeも見れます。

これが普通の格安SIMだとそうも行きません。Lineは通話は無理だし、動画なんてもってのほか。ほぼ無理です。

YouTubeにUQモバイルの低速モードでYouTubeを再生している投稿がありましたので貼っておきます。

読み込みは遅いですが、一回読み込んでしまえば再生されますね。

 

BIGLOBE SIMはYouTubeやAbemaTVなどのユーザーならオススメ

BIGLOBE SIMは格安SIMの中でもかなり個性的なサービスと言えます。

特定のネットサービス(音楽や動画)を利用の場合、通信量をカウントしないエンタメフリーというオプションが人気です。

YouTubeだけはよく見る!Appleミュージックは常時かけっぱなしにしている!そんな人はBIGLOBE SIMは要検討ですね。

エンタメフリーオプションの特徴

上記で説明したように特定のサービスにつき、その通信量をノーカウントで利用できるオプションです。つまりYouTubeやAbemaTVに関しては見放題ですね。

音声通話の場合はスマホ料金+480円、データSIMの場合は+980円の追加になります。

個人的には音声通話プランに+480円で付けるのがコスパは良いのかなと思います。通信量がノーカウントになるサービスは以下の通り。

  • YouTube
  • AbemaTV
  • Google play music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon music
  • radiko.jp
  • U-NEXT
  • YouTubeKIDS

音楽配信系のアプリに強い感じですが、動画もYouTubeはじめ、AbemaTVや有料サービスのU-NEXTにも対応しています。

これまで動画再生で通信制限をされた経験のある方はチェックしてみましょう。

一人暮らしでYouTubeやAbemaTVなど特定のサービスをピンポイントでよく使う人に最適な格安SIMですね。一人暮らしの通信費節約に大きく貢献してくれると思いますよ。

まとめ

人によってはスマホだけのネット環境でも十分な気がします。スマホだけじゃ不安な人はまず格安SIMだけで過ごしてみて、それでも通信量が足りなかったり、不具合がある場合はそのあとで光回線なり、WiMAXの契約を検討してみてはどうでしょうか。

とにかく一人暮らしの節約において通信費の削減は必ず必要になります。自分にあったネット環境をできるだけ安く契約できるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です